マル・デ・エンベロ:
印象的、エレガント、芳しい芳香

Intensidad, elegancia, armonía

「マル・デ・エンベロ」という名前は、「熟した葡萄色の海」という意味です。これは、夏の終りに、すっかり熟して黄色に色付いた葡萄畑が、波打った金色の海のように見えることを表現しています。私たちは、このアルバリーニョ種の葡萄から、その特徴である香りの高い、気品のあるワインを作るため、試行錯誤を重ねてきました。「マル・デ・エンベロ」は、アルバリーニョ種の葡萄のみを使った白ワインであり、さまざまな面から飲む人を惹きつけます。まず、その色は、艶のある金色がかった薄い黄色で、グラスに注ぐと、新鮮な果物の香りが鼻腔を刺激します。葡萄酵母とともに時間をかけて寝かせたこのワインは、口に含むと、実に奥の深い、そしてまろやかで、あくまでもエレガントな味と香りが持続します。

ワインの成分

サイトを見る


トゥロウペ:
かぐわしい魅惑の液体

Un fresquísimo elixir

「トゥロウペ」は、1920年代のレトロな雰囲気を表現しようとして造られたワインです。特に、そのボトルデザインは、一世を風靡したパリのムーラン・ルージュなどのナイトクラブをイメージしています。しかし、そのワイン自体は、スペイン・ガリシア州の原産地リアス・バイシャス特産のブドウ、アルバリーニョのみを使用して造られた極めて「真面目な」ワインです。アルバリ―ニョの特徴であるその高貴な香りは、モモ、洋ナシ、パッション・フルーツなどの果物を思わせ、またふと、バラのような香りも鼻腔をくすぐるでしょう。口に含むと、まず爽やかなアルバリ―ニョ独特の酸味が感じられ、しかし、全体としてバランスの取れた、とても飲み心地の良いワインです。貴方も一杯いかがですか。

データ

サイトを見る